113 view

新卒・第二新卒・就活 求人・採用媒体

就活で秋冬採用しているのはどんな企業?出遅れてしまった人向けの対策方法を紹介!

\ この記事をシェア /

大学4年生の10月になると、採用活動の終わった企業が内定式をおこなうことが多くなります。学生も、卒論に力を入れる人や入社前インターンに参加する人が増える時期です。

一方、就活生の中には留学や公務員試験、始めるのが遅れてしまったなどで内定を持っていない人もいるかと思います。周りが進路を決めて動き出している中、自分だけ何も決まっていないと焦ってしまいますよね。

しかし、この時期に内定がない人も、まだ採用をおこなっている企業があるので安心してください。

本記事では、秋冬でも採用をおこなっている企業の特徴や、これから内定を目指すためにやるべきことについて解説します。

今から就活を始めても内定は取れる?

引用:就職みらい研究所「就職プロセス調査(2023年卒)「2023年3月度(卒業時点) 内定状況」

これから就活を始めようとしている人は、内定が取れるか不安だと思います。結論から言うと、今から就活を始めても十分に内定は獲得可能です。

2023卒の就活生の内定状況を見ると、10月1日時点で93.8%の学生が内定を獲得しています。さらに、3月の卒業時点では96.8%の学生が内定を決めたことがわかります。

つまり、ここからまだ3%の学生が内定を獲得しているということです。割合にすると少ないと思うかもしれませんが、人口にすると就活生がおよそ40万人程度なので、まだ約1.2万人もの人が内定を獲得していることになります。

それだけの採用枠があるということなので、過度に焦る必要はありません。

企業が秋以降も採用を継続している理由

企業が秋以降も採用をしているのは、以下のような理由があります。

  • 通年を通して良い人材を採用したいから
  • 留学からの帰国組や部活の引退組を狙っているから
  • 追加募集や内定辞退などで採用枠が余っているから

企業はさまざまな理由で秋採用、さらに通年採用をおこなっていますが、就活のピークに比べると採用枠は少ない傾向にあります。

当然、倍率も上がるので、秋以降の採用を狙う人は入念な対策が必要になるでしょう。

秋以降も採用をしている企業の特徴

秋以降も採用をしている企業は少ないと思われがちですが、実際はそんなことはありません。さまざまな業界の大手企業・中小企業が採用に力を入れています。

ここからは、秋以降も採用をしている企業の特徴を規模ごとに紹介します。

  • 大手企業
  • 中小企業

過去に採用実績のある企業も掲載するので、応募の際の参考にしてください。

大手企業

秋採用を実施している大手企業は、以下のような企業です。

  • ソニー
  • ソフトバンク
  • 楽天
  • サイバーエージェント
  • 三菱総合研究所
  • 全国農業協同組合連合会(JA全農)

大手企業はグループ企業を含めて採用人数が多いため、採用予定人数に達しなかった場合、秋冬にも継続して募集をかけることがあります。

特にIT業界は成長産業であり、常に人手不足です。IT業界に興味がある人は思わぬ企業との出会いがあるかもしれないので、積極的に探してみましょう。

中小企業

秋以降に採用活動をおこなっている中小企業は、以下のようなものがあります。

  • 三越伊勢丹ニッコウトラベル
  • 日刊スポーツ新聞社
  • 幻冬舎メディアコンサルティング
  • 島村楽器
  • 東映

ベンチャー企業やBtoBを主な事業とする中小企業は知名度が低いため、人材が集まりにくい傾向です。また、地方の中小企業も人材不足に悩まされている場合があります。

中小企業と言っても待遇が悪いわけではなく、隠れた優良企業も多いので積極的に企業研究を進めましょう。

秋から内定を目指すためにやるべきこと

秋から内定獲得を目指すなら、以下の事をおこないましょう。

  • 自己分析をやり直す
  • 業界・企業にこだわりすぎない
  • 就活エージェントを利用する

特に、これまで就活をしてきて内定が取れなかった人や、就活をやり直す人は必見の内容です。

自己分析をやり直す

就活が上手くいっていない人は、根本である自己分析をやり直してください。自己分析を深められない限りESや面接で自分の強みをうまくアピールできないだけでなく、ミスマッチを引き起こして早期離職の原因にもなりかねません。

この自己分析次第で今後の人生が左右されると言っても過言ではないので、手を抜かないようにしましょう。

自己分析をするなら、就活サービスの自己分析を複数使うのがおすすめです。自己分析の結果をもとに就活の軸やアピールポイントを選定していきましょう。

業界・企業にこだわりすぎない

秋以降は企業の採用枠も減って倍率と難易度が上がります。そのため、業界や企業を絞り過ぎるといつまでも内定を獲得できないので注意しましょう。

特に、大手志向の強い人はなかなか内定を獲得できずに苦しむ人がいます。中小企業にも優良企業はたくさんあるので、企業研究の幅を広げましょう。

自己分析を進めると適性のある業界がいくつか出てくるので、第二志望の業界についても研究を進めてください。

就活エージェントを利用する

1人で今から就活をやり直すのは大変です。また、1人ではこれまで何が悪かったのかという原因にも気づきにくいデメリットがあります。

就活エージェントを利用すれば、就活の情報に長けたアドバイザーがサポートしてくれるので、改善点がはっきりとわかるでしょう。

また、特別選考で優良企業を紹介してくれるので、内定までの近道になります。

まとめ

秋以降も採用活動をおこなっている企業はさまざまな規模・業界であるので、現在内定がない人も安心してください。

ただし、これまでと同じやり方では内定獲得できないままです。

当記事で紹介した対策を参考に改善し、納得いく内定を目指しましょう。

\こちらもおすすめ/

インターンは秋からじゃ遅い?今から参加できるインターンや就活スケジュールについて解説!

有給インターンを探すにはどうしたらいい?効率良くインターン先を探す方法と参加するメリットを解説

【キャリアアップしたい人必見】社会人でもインターシップできる!参加するメリットや向いている人、おすすめのサービスをご紹介

\ この記事をシェア /

ライター紹介

九条辰季

フリーライター

「自分らしく生きる」をモットーに、Webマーケティング記事からシナリオまで幅広く執筆する多趣味、雑食系ライターです。 自身の経験をもとに、みなさんが彩りあるキャリアプランを描くお手伝いができればと思います!
九条辰季の記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR