126 view

転職・中途 求人・採用媒体

転職エージェントを利用するメリットとは?活用経験者の目線で注意点などを紹介

\ この記事をシェア /

転職を考えた際「できれば早く転職を成功させたい」と思うものです。

しかし、求人情報を探す手間や履歴書などの書類作成に時間がかかってしまいます。

そこで活用できるサービスが転職エージェントの利用です。

本記事では、転職エージェントを活用する注意点を取り上げたうえで、活用のメリットを筆者の体験談をベースに紹介していきます。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職を希望している求職者と企業をマッチングさせるサポートを担うサービスです。

人材紹介の一種で、求職者の相談に応じて適切なアドバイスや求人紹介をしています。

転職エージェントは求職者にカウンセリングを実施し、希望の条件や職種などヒアリングします。

また、応募先企業に提出する履歴書や職務経歴書を代行して提出してくれたり添削してくれたりするのが特徴的です。

筆者自身も初めて民間企業へ転職する際に活用し、書類の添削や面接対策など充実したサービスに助けられました。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを利用するデメリットは、下記の通りです。

●紹介される求人が限定的になる
●希望していない求人を紹介される
●転職を急かされる可能性がある

事前に注意点を把握しておきたい方は、後述するポイントを参考にしてください。

紹介される求人が限定的になる

転職エージェントによっては、紹介される求人情報に偏ってしまう場合があります。

エージェントごとに扱っている求人数や業界などが異なるだけでなく、エリアによっては紹介できる求人がない場合があるからです。

また、求職者の経歴や希望の条件が細かいと、条件にマッチした求人が限られてしまいます。

たとえば、都市部を中心に求人を扱っている転職エージェントに、地方の転職を希望しても、なかなか見つかりません。

つまり、紹介してもらう求人数を増やすには、多少の妥協が必須になるのです。

希望していない求人を紹介される

転職エージェントに登録すると、自分が希望していない業種や仕事内容などの求人が紹介されます。

なぜなら、求職者のスキルや実績に重点を置いた情報をもとに、担当エージェントは求人を紹介しているからです。

転職エージェントは「入社後の活躍が期待できる」と判断し、提案しています。

積極的に求職者へ求人を紹介している背景には、転職エージェント側のノルマが関係しています。

担当者によっては、ノルマに意識がいき、求職者の希望とマッチしていない求人を紹介される可能性があるのです。

転職を急かされる可能性がある

転職エージェントによっては、転職までのサポート期間を設けている場合があります。

そもそも転職エージェントは、企業に人材を紹介したお礼として報酬を得ています。

つまり、求職者が転職に成功して初めて、報酬が発生する流れになっているのです。

多くの報酬を得るには、多くの求職者を転職サポートする必要があり、スピーディーで効率よく進めたいと考えるものです。

一方で求職者が、実際に転職活動を始められるタイミングが遅かったり、なかなか転職が成功しなかったりする場合が考えられます。 転職成功までの期間が長いと判断された場合、担当者によってはサポートを後回しにされる恐れがあります。

転職エージェントを利用するメリット

ここまで紹介した内容からすると、転職エージェントの活用は「やめとくべきか」と考える方もいるかも知れません。

しかし、筆者自身は下記の理由から、転職エージェントの利用にメリットを感じています。

●すべて無料で活用できる
●履歴書や職務経歴書を添削してもらえる
●面接のアドバイスをもらえる

順番に体験談を踏まえて紹介していきます。

すべて無料で活用できる

転職エージェントの利用は、登録だけでなく月額費用などのすべてが無料で利用できます。

転職のプロとして、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などのサービスを無料で受けられるのがメリットです。

たとえば、自分で転職活動する場合、募集をかけている企業や条件など、自分で調べなければいけません。

また、履歴書や職務経歴書を自分で提出するなど、コミュニケーションコストやタイムパフォーマンスでも、労力がかかってしまいます。

一方で転職エージェントは、無料で資料提出や面接日程の調整などを代行してくれるので、労力削減できるのがメリットなのです。

履歴書や職務経歴書を添削してもらえる

転職エージェントは、企業に提出する履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえます。

とくに初めて転職活動する方にとって、「何を書けばいいか」と不安に感じるものです。

筆者自身、僧侶から営業職へ転職するのを希望していたので、職務経歴書の作成に時間がかかりました。

転職エージェントを利用する前は「職務経歴書 書き方」「職務経歴書 例文」などと検索しても、当然自分の経歴にマッチした情報はありません。

しかし、転職エージェントを利用してから、何を書けばいいのか具体的なアドバイスがあり、書類通過率を上げる結果になりました。

面接のアドバイスをもらえる

転職エージェントを利用すると、企業ごとに合わせた面接対策に付き合ってもらえます。

中途採用面接が初めての場合、よく聞かれる質問をもとにした模擬面接を実施してくれる担当者もいます。

筆者自身も、面接自体が初めてだったので、手厚くサポートしてもらいました。

たとえば、Zoomでビデオ通話したうえで、受け答えの仕方や声のトーンなど、細かいところまでアドバイスしてもらい、助かった経験があります。

また、企業ごとに合わせた模擬面接でも、担当者が応募先企業を徹底的に調べたうえで、面接官役を担ってくれます。

面接で少しでも不安に感じる方は、転職エージェントの模擬面接を依頼しましょう。

まとめ

今回は転職エージェントを利用するメリットについて、筆者の体験談を踏まえて紹介しました。

転職エージェントの利用は、すべて無料で利用できるだけでなく、書類作成や面接対策のアドバイスがもらえます。

一方で、紹介される求人が限定的になったり希望していない求人を紹介されたりする可能性もあります。

また、担当者によっては転職を急かされる恐れもあるので、相性の良し悪しが関係するデメリットもあるのです。

転職を考えている方は、メリットやデメリットを理解したうえで、一度キャリアの相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

\ この記事をシェア /

ライター紹介

柴﨑 祐介

フリーライター

目指せ「頑張りが報われる環境作り!」|「関わった人がみんな”なりたい自分”を目指せる環境を整えること」をモットーに活動中|自分らしく前向きになれるヒントをお届け|僧侶から民間企業に転職した経験をもとに執筆していきます!
柴﨑 祐介の記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR