88 view

新卒・第二新卒・就活 その他

今からでも遅くない!ChatWorkの基本操作とは?普段使いをしている筆者の体験談をもとに紹介

\ この記事をシェア /

新入社員の方や初めての在宅ワークを控えている方など「社内のコミュニケーションはChatWorkを使う」と言われ、困惑されていませんか。

実は筆者も、ライター活動し始めた頃に困惑した経験があります。

今回は初めてChatWorkを使う日が迫っている方に向けて、最低限知っておきたい基本機能をお伝えします。

ChatWorkとは

ChatWorkとは、日本の企業が開発したチャットツールです。

2024年3月現在、43万社を超える企業が導入しているだけあり、ビジネスチャットツールにおいて国内利用者数5年連続1位を誇る実績があります。

ChatWorkを利用しているユーザー間であれば、社内外関係なくどのユーザーともコミュニケーションが取れます。

詳しくは後述しますが、基本的なチャットのやり取りや通話だけでなく、タスク管理など充実したツールです。

ChatWorkの特徴

新入社員の方やはじめてChatWorkを使う方にとって「何ができるのか」「使っていてトラブルが起きないか」など不安になってしまうものです。

筆者自身もはじめてChatWorkを使う際、不安だったのが本音です。

●タスク管理

●ビデオや音声通話

●社内外のコミュニティ

上記の機能が主な操作になるので、順番に最低限の特徴を解説していきます。

タスク管理

ChatWorkを2年以上使っていて、筆者が個人的に1番便利に感じているのがタスク管理機能です。

ChatWorkのタスク管理は、チャットごとにタスクの割り振りができます。

たとえば、部署やチームごとにチャットを分けていた場合、情報が混在しなくなります。

タスクを割り振られた場合、自分のタスクとして割り振られたタスクを選択し、完了ボタンを押せば終了です。

一方で自分がメンバーにタスクを割り振る場合、以下のステップでタスクを追加できます。

①チャット画面右上の「タスク追加」を選択
②タスク内容を入力
③担当者を「+」ボタンから追加
④期限を設定
⑤「タスクの追加」を選択

追加したタスクを編集したり削除したりも「タスク管理」から操作できるので、使い勝手がいい機能です。

ビデオや音声通話

ChatWorkは、LINEのようにビデオ通話や音声のみの通話ができます。

つい、ChatWorkのツール名が「チャット」と「ワーク」の用語から成り立っているので、チャットのみのツールに感じてしまう方も少なくないでしょう。

通話中は画面共有もできるので、ビジネスシーンに最適です。

在宅ワークのメンバー相手とも、実際の画面をもとに業務を共有できたり、ビデオ通話でメンバーの顔色を確認できるのがChatWorkの特徴です。

社内外のコミュニティ

ChatWorkは、社内はもちろん社外の顧客や委託先のメンバーなど、幅広い方とコミュニケーションが取れます。

コンタクト機能から追加できるだけでなく、グループチャットの招待からメンバー構築もできます。

画面右上のコンタクト管理からユーザー検索を使い、メールアドレスやIDからコンタクトしたいユーザーにコンタクト申請する流れです。

ChatWorkの基本操作

ここからはChatWorkの基本操作をお伝えします。

筆者が普段使っている操作で、逆に今回紹介する機能以外はほとんど使っていません。

●チャットの送信や返信

●引用

●リアクション

チャットの送信や返信

チャット画面の「ここにメッセージ内容を入力」と書かれた部分にメッセージを入力します。

チャット記入欄の上に配置された「TO」のボタンを押し、送りたい相手を選択すれば特定のユーザーに通知を送れるのが特徴です。

TOで送られた場合と、返信からメッセージのやり取りをしたユーザーの画面には、背景色が緑色に変わる特徴もあります。

背景色が変わるので「どの通知が自分宛なのか」視認性高く振り返れます。

特定のメッセージを返信したい場合、ただチャットで返信するのではなく、返信したいチャットにカーソルを合わせて「返信」ボタンをクリックしましょう。

「RE」アイコンをクリックすれば、返信元のメッセージが見られるので、やり取りを効率化できる機能が充実しています。

引用

ChatWorkでは、特定のメッセージで「どの部分についての返信(回答)」なのかをわかりやすくする機能です。

対象になるメッセージを範囲選択すれば「メッセージに引用」が表示されます。

たとえばメッセージのやり取りで不明点があったり箇条書きで回答したりする際、メッセージの引用機能が活躍します。

送信相手であろうが受け手になろうが、視認性が高まるのでスムーズなコミュニケーションが取れるのがChatWorkの魅力です。

リアクション

ChatWorkのリアクション機能は、返信する必要がないメッセージや忙しいタイミングで使うケースが多い機能です。

リアクション機能は、LINEでいうところのスタンプに近いリアクションになるので、メッセージを送った相手に読了を伝えられます。

「了解」や「ありがとう」など、まるでコミュニケーションを取れるようなリアクションを送れるのが特徴です。

まとめ

今回、ChatWorkを使った経験がない方に向けて、ChatWorkの特徴や基本操作を紹介しました。

ChatWorkはビジネスチャットツールにおいて、5年連続国内1位の利用者がいるので、使えるようになっていて不便ないでしょう。

実は求人票にも「ChatWorkの利用が問題なくできる方」と書かれた求人票を見た経験があるほど、企業はChatWorkを導入しています。

基本操作だけであれば、無料で十分使えるので、まずはお試し感覚でChatWorkを使ってみるのをおすすめします。

\こちらもおすすめ/

就活で生成AIを利用しても大丈夫なの?ChatGPTをはじめとする生成AIが就活にもたらす影響について

TikTok (ティックトック) でインターン募集をする企業が増加!参加するメリットや向いている人について解説

【新卒向け】就活をサポートしてくれる強い味方!就活支援サービス5選をご紹介します

\ この記事をシェア /

ライター紹介

柴﨑 祐介

フリーライター

目指せ「頑張りが報われる環境作り!」|「関わった人がみんな”なりたい自分”を目指せる環境を整えること」をモットーに活動中|自分らしく前向きになれるヒントをお届け|僧侶から民間企業に転職した経験をもとに執筆していきます!
柴﨑 祐介の記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR