71 view

アルバイト・パート

夏休みはリゾートバイトで充実した日を過ごそう!  魅力や応募時期について解説

\ この記事をシェア /

リゾートバイトは、主に長期休みを利用した住み込みバイトです。大学生の夏休みや冬休みが人気で、稼ぎたい人や思い出作りがしたい人が多く参加します。

夏のリゾートバイトは8月~9月にかけてで、定員が決まっているので、募集は1ヶ月~2ヶ月前の6月~7月にしておくのがおすすめです。

「リゾートバイトで稼ぎたい!」と考えている人は、本記事を参考に、下調べや準備をしてみてくださいね。

リゾートバイトとは?

リゾートバイトは、リゾート地の宿泊施設を中心に、期間限定で働くアルバイトです。

観光地で働くことにより非日常体験ができ、旅行に行きたいけど旅費がない人や、思い出を作りたい人に向いています。また、就活でのエピソードにも役立つでしょう。

以下では、リゾートバイトの概要について詳しく解説していきます。

リゾートバイトの時期は?

リゾートバイトは主に観光シーズンであるゴールデンウイークや夏休み、冬休みに募集があります。

期間は夏であればおおよそ1ヶ月~3ヶ月で、大学生であれば長期休みを利用して参加できるでしょう。冬は観光シーズンが短いこともあり、1週間~3週間の募集もあります。

また、3ヶ月以上のリゾートバイトもありますが、学業や仕事を調整する必要があるでしょう。

時給はどれくらい?

リゾートバイトの時給は1,100円~1,500円と幅広いですが、そこまで高時給というわけではありません。

しかし、交通費や宿泊費、食費がかからないため、浪費し過ぎなければかなりの金額を稼ぐことができます。リゾートバイトの求人サービスであるリゾバ.comの調査によると、平均的な給与は1ヶ月あたり21.7万円と、社会人並みに稼ぐことが可能です。

どんな場所がある?

リゾートバイトの勤務地は、沖縄や離島のようなリゾート地、スキー場がある観光地などです。どこもシーズンを迎えると人手が不足するため、リゾートバイトを募集して人員を確保します。

業務内容は宿泊施設であればフロントや清掃、ホールスタッフが大半です。忙しいですが、あまり難しい業務を任されるわけではないので、安心して働くことができるでしょう。

参加者はどんな人が多い?

引用:本音のリゾバ生活

リゾートバイトは学生が多いイメージがありますが、意外にも幅広い年齢層が参加しています。

20代の大学生はもちろんのこと、20代~30代の社会人経験者が転職の間に働くこともあるようです。40代以降もいるので、参加すればさまざまな年齢の人と関わることになります。

リゾートバイトの応募時期は?

リゾートバイトの募集時期は開始時期の2ヶ月~3ヶ月前です。人気のものはすぐに埋まってしまうので、事前に情報を調べて早めに応募するのが良いでしょう。

リゾートバイトを探すなら、アルバイトの求人サイトよりも、リゾートバイト専門の求人サービスを利用するのが効率的です。

リゾートバイトのメリット

リゾートバイトのメリットには、次のようなものがあります。

●短期でガッツリ稼げる
●非日常を体験できる
●友達や恋人と参加できる

短期でガッツリ稼げる

リゾートバイトは時給はそれほど高くありませんが、1日7時間~8時間の勤務で週5日働くため、普通のアルバイトよりもガッツリ稼ぐことができます。

1ヶ月で20万円前後稼げるので、お金を貯めたいという人に向いています。また、勤務地までの交通費や宿泊費、食費もかからないので節約にもなります。

非日常を体験できる

リゾートバイトの大きな魅力の1つが、日常とはかけ離れた環境でリフレッシュできることです。仕事は忙しいですが、空き時間には観光や現地のアクティビティを楽しむことができ、旅行気分を味わえるでしょう。

宿泊施設なら「無料で天然温泉に入れる」スキー場なら「無人のゲレンデで滑れる」など、勤務地によって楽しみはさまざまです。

勤務地の環境に合わせて応募するのも良いでしょう。

友達や恋人と参加できる

リゾートバイトは友達や恋人とも参加しやすいメリットもあります。普通のアルバイトでは、シフト制が多く、なかなか予定を合わせることが難しいものです。

一方、リゾートバイトはフルタイム勤務なので、常に同じ空間で働くことができ、心強いでしょう。

もちろん、1人で参加して他の参加者と仲良くなる人も大勢います。

リゾートバイトのデメリット

リゾートバイトには以下のようなデメリットもあります。

●途中で帰ることはできない
●長期休みを満喫できない
●場所によっては不便と感じることもある

応募する前にデメリットについても知っておきましょう。

途中で帰ることはできない

リゾートバイトは基本的に途中で辞めることはできません。冠婚葬祭は別ですが、個人的な理由で辞めた場合、交通費を支給してもらえない可能性があります。

自腹になると、遠い勤務地の場合、交通費だけでもかなりの出費になります。応募する際は、最後までやり切る覚悟を持って応募しましょう。

長期休みを満喫できない

リゾートバイトをすると週5日働くことになるため、せっかくの長期休みを満喫できません。地元の友達と遊んだり、イベントに参加したりといった楽しみはなくなるので注意しましょう。

しかし、それ以上にかけがえのない体験や友人ができるのもリゾートバイトの魅力です。

休みも欲しいという人は、期間の短い求人を選ぶのが良いでしょう。

場所によっては不便と感じることもある

リゾートバイトの勤務地によっては山間部だったり、離島だったりと、不便な場所で生活しなければなりません。

「コンビニに行きたいけど、徒歩では厳しい…」なんてことはよくあります。勤務地を選ぶ時は、周囲の環境も見ておきましょう。

まとめ

リゾートバイトは数ヶ月に渡って現在の居住地を離れることになるため、なかなか勇気のいるアルバイトです。

ただ、かけがえのない経験ができるまたとない機会ですので、気になった方はぜひ参加を検討してみてはいかがでしょうか。

\こちらもおすすめ/

【なぜ】バイト時給が東京超え。ニセコの深刻な人材不足解消は賃金引き上げしかないのか……なかには時給2200円も

スキマ時間に働ける「メルカリ ハロ」とは?タイミーとの違いや口コミ・評判についても解説

【稼ぎたい人必見】時給の高いアルバイト7選!仕事内容や探し方についても解説

\ この記事をシェア /

ライター紹介

九条辰季

フリーライター

「自分らしく生きる」をモットーに、Webマーケティング記事からシナリオまで幅広く執筆する多趣味、雑食系ライターです。 自身の経験をもとに、みなさんが彩りあるキャリアプランを描くお手伝いができればと思います!
九条辰季の記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR