93 view

転職・中途

未経験からの転職も夢じゃない!おすすめホワイト業界4選をご紹介

\ この記事をシェア /

転職の際に重視したいのは〝ホワイト業界〟であることであることであるという人がほとんどでしょう。

とはいえ、未経験でも転職できる業界は限られていると思っている方は多いかもしれません…。しかし、未経験からの転職も夢ではない、ホワイト業界は存在します!

本記事では、未経験からでも転職を目指せるホワイト業界4選をご紹介しています。

転職の業界選びで迷っている方は、ぜひ本記事を参考にしてください!

ホワイト業界の定義

そもそも、ホワイト業界ってなんなのか、転職先候補を見比べていくなかで大事になる判断材料〝ホワイト業界の定義〟を見ていきましょう。

ホワイト業界の定義

・残業が少ない

・年間休日が120日以上

・福利厚生が充実している

・有休が自由に取りやすい

・年収が一定水準を超えている

・離職率が低い

残業が少ない

まず、ブラック業界のイメージとして、残業が極端に多いことを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

定時で帰れることのほうが少ない業界は、ホワイト業界と呼ぶにふさわしくありません。

ホワイト業界は残業が少なく、社員のプライベートも尊重してくれるはずです。

年間休日が120日以上

年間休日の多さも、ホワイト業界を見極める重要なポイントです。

年間休日が120日を下回っている会社は、完全週休2日制ではありません。

カレンダー通り土日祝日が休みであることを重視したい場合、年間休日120日以上に条件を絞って転職先を選ぶようにしてください。

福利厚生が充実している

ホワイト企業は、福利厚生が充実しています。

例えば、「住宅手当」・「育児休暇」・が挙げられます。

社員のためになる福利厚生が充実しているか、転職の際には必ずチェックしておきたいポイントです。

有休が自由に取りやすい

有給休暇は働く人の権利ですが、企業によっては自由に有休を消化できない場合もあるのが現状です。

繁忙期は有休を取りづらいという企業は仕方のない部分もあるかもしれませんが、なかには有休の希望日自体を申請できないケースもあります。 自分の趣味の時間を大事にしたい方にとっては、有休の取りやすさは絶対条件ですよね。

年収が一定水準を超えている

いくら労働条件・環境が良かったとしても、給与が低すぎては、満足のいく生活ができませんよね。

心の安定を保てる労働条件・環境が整っているうえ、年数が一定水準を超えていなければ完璧な〝ホワイト〟とは言い難いでしょう。

労働環境が良く離職率が低い

ホワイト業界は、労働環境が良く働きやすいため、勤続年数が長い従業員が多く、離職率が低いのが特徴です。

大手企業の場合、有価証券報告書の従業員の平均在籍年数を確認すると離職率がわかります。

未経験からでも転職を目指せるホワイト業界4選

『ホワイト業界に転職したいけど、未経験でも目指せる業界はあるのかな…?』と不安に思っている方に、ぜひ知っていただきたい!

未経験からでも転職を目指せるホワイト業界4選をピックアップしました。

●大学業界

大学業界は、比較的年収が高く、休みが取りやすいことで知られています。

大学の運営を支える大学職員は、さまざまな役割に分けて業務を振り分けられています。

教務を担当する職員は、教員のサポートやレポートの管理、抗議の資料作成などを行い、広報担当は、学生を募集するためオープンキャンパスの企画を練ったり、SNSや公式HPを利用して大学の魅力を発信したりします。

特に、私立大学で生徒数が多いほど平均年収は高い傾向です。

なかには、夏休みで2カ月ほどのまとまった休みを取れる場所もあるそう。

年収も休みもバランスの取れた働き方をしたい方にとってはおすすめの業界です。

●化学業界

化学反応を利用して製品を生み出している化学業界。

化学業界は他企業との競争率が高くなく、1度契約を取ったあとは長年取引をするため、常に業績が安定しているケースが見受けられます。

そのため、化学業界の企業は、売上が一定的で高水準の場合がほとんど。

年収は高く、残業時間は比較的短いというホワイトな条件を満たしている企業が多いです。

高度な専門的なスキルが求められるような職種の場合、未経験からの転職は難しいかもしれませんが、営業職や管理職、事務職などは未経験も応募できる求人もあります。

中途採用を行っている企業も頻繁に見受けられるため、転職の機会は多いでしょう。

●インフラ業界

インフラ業界は、鉄道・電力・ガス・通信等を扱う業界のことを指します。

日常に欠かせないライフラインを取り扱っているため、景気に左右されず、たとえ不景気でも安定した利益を出しています。

限られた企業が市場をほぼ独占しているケースが少なくないため、競争率もが高くありません。

そのため、給与が高く安定性があり、離職率が少ないです。

福利厚生や待遇が恵まれていることも魅力です。

インフラ業界のなかには、新卒採用が多く転職のハードルが高い職種もありますが、事務系や営業系は、専門的な知識がない未経験者でも求人募集があります。

●地方公務員

『安定した職業と言えば!』でイメージする人が多いであろう公務員。

地方公務員は、都道府県・市町村の地方自治体で勤務する公務員です。

区役所の職員・小中学校の教員・警察官・消防士などが地方公務員にあたります。

残業の多さや休みの多さは、職種によって異なってくる部分ではありますが、リストラはよっぽどのことがない限りなく、給料は安定していて、まとまった退職金が貰えることもほぼ確実といっても過言ではありません。

公務員試験に挑む必要はありますが、安定性と将来性を考える方にはおすすめです。

まとめ

本記事では、未経験からでも転職を目指せるホワイト業界4選をご紹介しました。

未経験の業界に転職するのは不安なことも多いかもしれませんが、未経験でも転職を目指せるホワイト業界はあります。 みなさんがホワイト業界で、ご自身に合った企業を見つけて転職できますように。

\こちらもおすすめ/

文章を書く仕事7選をご紹介!身に付けるべきスキルや向いている人の特徴も解説

就活で生成AIを利用しても大丈夫なの?ChatGPTをはじめとする生成AIが就活にもたらす影響について

TikTok (ティックトック) でインターン募集をする企業が増加!参加するメリットや向いている人について解説

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あゆりんご

編集・ライター

Webメディアでの情報収集が大好きなZ世代。 働く人も雇う人も、みなさんがなるべくワクワク働くためのお手伝いがしたいです!
あゆりんごの記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR