91 view

新卒・第二新卒・就活

文章を書く仕事7選をご紹介!身に付けるべきスキルや向いている人の特徴も解説

\ この記事をシェア /

『文章で表現することを仕事にしたい』『自分の文章力を仕事のために活かしたい』とお考えの方はいらっしゃいませんか?

〝文章を書く仕事〟といってもさまざまで、仕事によって書く文章の内容は大きく異なります。

業務内容を知ったうえで、ご自身が興味を持てる仕事を選ぶのがおすすめです。

本記事では、文章を書く仕事7選をご紹介します。

文章を書くのが好き・得意な人は、ぜひ参考にしてください!

文章を書く仕事7選

文章を書く仕事はさまざまで、仕事の種類によって書く文章の内容や、必要な知識・スキルは異なります。

文章を書く仕事のなかでも、ご自身が興味のあることや得意なことを活かせそうな仕事をしっかり見極めることが大事です。

ここからは、代表的な文章を書く仕事7選をご紹介していきます。

①小説家

自らの想像から物語を創作し、文章として書き起こし人々に届ける小説家

執筆した小説は、単行本として書籍を出版されるだけではなく、雑誌やWebに掲載されるケースもあります。

文章力があるのはもちろん、多くの人が惹かれる物語を考える想像力や、最後まで中だるみせずに完結するようにシナリオを考える構成力も必要です。

小説家は、たとえプロになれたとしても、継続してある程度ヒットする作品を生み出さなければ安定した収入を得ることができない現状があります。

ただ文章力に長けているだけではなることが難しいのが小説家を目指す人が苦労する理由でしょう。

たとえ思うような結果がでなくても、小説を書くことが好きでほかの職業と両立しながら小説を執筆している人も多いです。

収入は、出版社からの原稿料に加えて、書籍が売れたぶんだけ印税が入ります。

②雑誌・新聞記者

読者の層や雑誌のコンセプトに合わせて取材と記事の執筆をする雑誌記者と、新聞に掲載するニュースや情報を現地に足を運んで取材し記事化する新聞記者。

旬な情報やニュースを正確にわかりやすく記事にすることが仕事です。

また、読者のニーズに合ったことを分析する力や、取材相手へのコミュニケーション能力も求められます。

出版社や編集プロダクション、新聞社に入社して仕事を任されるのが一般的ですが、大手出版社や編集プロダクション、新聞社会社の場合、例年競争率が高いです。

③Webライター

Webライターは、Webサイト上に掲載される記事の文章を書く仕事です。

ご自身でブログを開設し、広告収入を得る方もいれば、クライアントから依頼された内容にあわせて記事を作成、納品し収入を得ている方もいます。

特別な資格やパソコン操作に関しての知識はいらないので、初心者でも働きやすいのがメリットです。

クライアントの依頼にしっかり沿いながら、読者目線とSEOを意識した記事を作成するライティング力が必要となります。

④シナリオライター

シナリオライターは、映画やドラマ、アニメ、バラエティーなどの物語のセリフや構成、設定を考える仕事です。

近年は、テレビ番組だけではなく、YouTube、ゲームなどのシナリオを考えるシナリオライターも活躍しています。

オリジナルで一からシナリオを考える場合もあれば、小説や漫画などの原作をもとに台本を作成することもあります。

受け取る側が興味をそそられるコンテンツを生み出すために、文章能力だけではなく、高い創造力が必要です。

⑤コピーライター

商品やサービスのことをよく理解した上で、文章を読んだ人の興味がそそられるような、広告や宣伝等で用いられるキャッチフレーズを考案するコピーライター。

有名な企業のキャッチコピーを上げると、タワーレコードの〝NO MUSIC NO LIFE〟や、JR東海の〝そうだ 京都、行こう。〟などは、みなさん耳にしたことがあるのではないでしょうか。

このような人々の心に残りやすく、惹き付けられるフレーズを提案するのがコピーライターの仕事です。

一瞬で消費者の心に届くわかりやすさに加えて、今までに聞いたことがないようなオリジナリティー溢れるフレーズを考えるアイディア力が求められます。

さらに、広告ディレクターやプランナー、デザイナー、プランナーと常に相談し合いながら仕事を進めるため、コミュニケーション能力も大事です。

⑥エッセイスト・コラムニスト

新聞や雑誌、Webメディアなどに論評記事を寄稿するエッセイストと、著者自身の体験や感想をもとに文章を作成するコラムニスト。

ご自身の考えや気持ちを、伝わりやすいように文章化する能力が必要です。

文章で感情を表現したり、届けたりすることが好きな方にとっては適職と呼べるのではないでしょう。

執筆したエッセイ・コラムに対して共感や関心を得られると、ファンがついてくれることがあるのも魅力です。

⑦編集者

編集者は、書籍やWebメディアの企画考案や記事の発注、ライター・カメラマン・デザイナーなどスタッフへの指示だしやスケジュール管理を担いながら、原稿をチェックすることも仕事です。

原稿が読みやすい文章になっているか、企画に沿っていて読者にも伝わりやすいかをしっかりと見直さなければいけません。

オリジナルの文章を執筆する機会は少ないかもしれませんが、読者目線に立ちながら原稿を読んでよりわかりやすい文言を考えるため、文章力を活かすことができます。

担う業務が多いため、マルチタスクをこなせる人に向いています。

文章を書く仕事に向いている人

『文章を書くことが好き・得意だけど、仕事としては向いているのかな…?』とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

文章を書く仕事は、ご自身の好きや得意が存分に活かせます。

さらに、以下に当てはまる方は特に共通して文章を書く仕事が向いていると言えるでしょう。

特に、下記に当てはまる方は、文章を書く仕事に向いているはずです。

  • ・文章力だけではなくて創造力やアイディア力もある人
  • ・黙々と取り組む集中力がある人
  • ・人の気持ちを想像しながら文章を書ける人

文章を書く仕事が多くある中で、ほかの人とは違った創造力やアイディア力は、良い作品やコンテンツを生み出すために活かせます。

また、もくもくと文章を作成できる集中力や、読者の立場になってわかりやすい文章を書く力も大きな強みになります。

まとめ

今回は、文章を書く仕事7選をご紹介しました。

文章力を活かせる仕事はさまざまで、仕事によって必要な知識や活かせるスキルは異なります。

ご自身の好きなことや得意なことをより発揮できる仕事をよく検討してみてください。

また、文章を書く仕事は、キャリアを積むほど挑戦できる仕事の幅が広がるのが特徴です。

まずは、経験や実績を積んでから、さらに夢を大きくしていくキャリアデザインを設計するのもおすすめですよ。

\こちらもおすすめ/

就活で生成AIを利用しても大丈夫なの?ChatGPTをはじめとする生成AIが就活にもたらす影響について

TikTok (ティックトック) でインターン募集をする企業が増加!参加するメリットや向いている人について解説

【新卒向け】就活をサポートしてくれる強い味方!就活支援サービス5選をご紹介します

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あゆりんご

編集・ライター

Webメディアでの情報収集が大好きなZ世代。 働く人も雇う人も、みなさんがなるべくワクワク働くためのお手伝いがしたいです!
あゆりんごの記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR