61 view

新卒・第二新卒・就活 転職・中途

【騙されないで】週休二日制に潜むワナ……“完全”週休二日制でも油断できない理由とは?

\ この記事をシェア /

求人を探す中で、「週休二日制」や「完全週休二日制」の文字を見かけますよね。

この2つの言葉は似ているようで実はまったく違います!

また、“完全”週休二日制でも、祝日が休めない場合もあることを知っていますか? ちょっとした表記の違いで休める日数に差が生まれてしまうのです。

週休二日制に潜むワナにはまらぬよう、週休二日制と完全週休二日制の「違い」から求人チェックの「ポイント」までをまとめました。

それぞれの休日制度に向いている人もお伝えするので、ぜひご参考ください。

週休二日制と完全週休二日制

はじめに、週休二日制はどういった制度なのか、そして完全週休二日制との違いはなにかを解説していきます。

週休二日制について

そもそも週休二日制とは、年間を通して「月1回以上週2日」の休みがあり、その他の週は週1日の休みがある制度のこと。毎週週2回の休みがあるわけではありません。

労働基準法により最低週1回の休みは義務付けられていますが、その曜日に決まりはないです。

例:週休二日制(月、第1・3水曜日)

上記の場合、毎週月曜日の休みに加え、第1水曜日と第3水曜日が休み(週休2日)となります。※それ以外の日は出勤

またシフト制の場合は、毎週の曜日休みが異なるなど企業によってさまざまです。

完全週休二日制との違いは?

一方で完全週休二日制は、週休二日制とは違い、年間を通して「毎週必ず2日」の休みがあります。

とはいえ、休みの曜日に関しては週休二日制と同じく決まりはありません。土日が休みになる場合はもちろん、企業によっては平日休みとなる場合もあります。

また必ず連休になるとも限らないため、応募する際は曜日の指定があるかを確認しましょう。

“完全”週休二日制でも油断できない! 求人を見るポイントとは

完全週休二日制は「毎週必ず2日」休めるとお伝えしましたが、油断は禁物です。完全週休二日制のなかでも、表記の仕方によって年間を通した休める日数は変わってきます。

パターン①完全週休二日制(土曜・日曜)、祝日
パターン②完全週休二日制(土曜・日曜・祝日)

この2つのパターンを見て、違いはわかりますか?

注目していただきたいのはココ、土日にカッコがかかっているか、土日祝日にカッコがかかっているかです。

かみ砕いていくと、完全週休二日制の対象となる曜日が「土日のみ」のパターンと、「土日祝日を含む」パターンが存在するということです。

つまり、前者は土日「+祝日」も休みになるのですが、後者だと「土日祝日の中」から2日だけ休みになるシステムなのです。

そのため、祝日でも出勤になるケースは多々あります。実際に筆者の周りでも、土日休みで祝日出勤といった働き方をしている友人がいます。

週休二日制と完全週休二日制、どっちが向いている?

週休二日制と完全週休二日制の違いが分かったところで、最後にそれぞれの休日制度に向いている人の特徴をお伝えしていきます。

休みが多いほうがいいのでは?と思うかもしれませんが、意外と人によっては週休二日制が合っている場合もあります。

週休二日制に向いている人

週休二日制に向いているのはこんな人です↓

①休日にこだわりのない人

週休二日制は、完全週休二日制に比べて休日が十分に確保できるとは限りません。だからこそ、体力に自信のある方やできるだけ多く働きたい方には向いています。また労働時間が多いと、給与の面では優遇される可能性もあります。

②1日の平均労働時間を短くしたい人

週の労働時間は、労働基準法第32条で1週間40時間と決まっています。そのため、完全週休二日制と比べて労働時間が短くなる週休二日制だと、1日の平均労働時間が短くなる場合もあるのです。とはいえ、細かい部分は企業によって変わってくるので注意が必要でしょう。

完全週休二日制に向いている人

完全週休二日制に向いているのはこんな人です↓

①趣味などの時間を確保したい人

完全週休二日制なら毎週必ず2日の休みが保証されるため、自分の趣味に使う時間は確保できます。推しのライブへ行ったり、家でゆっくり映画鑑賞をしたり、旅行をしてみたりなど楽しみ方はさまざま。

仕事との区別をして、プライベートを充実させたい方に向いています。

②時期を問わず安定して休みたい人

また完全週休二日制は、繁忙期といった時期に左右されることもありません。単純計算で年間少なくとも計104日の休日を確保できます。

さらに年間休日日数120日以上と書かれている場合は、年末年始はお盆といった時期も休める可能性が高いです。実家に帰省したい方や連休を使って旅行したい方は、この部分のチェックもお忘れなく。

まとめ

今回は、週休二日制に潜むワナや完全週休二日制の表記による違いについて解説していきました。

週休二日制と完全週休二日制の違いは知っていても、完全週休二日制の中での違いは知らなかった人もいるのでは?

求人募集を見る際は、自分の求めている休日制度と一致しているか必ずチェックしてみてください。

\こちらもおすすめ/

日本一のホワイト企業!?年間休暇140日、残業禁止を掲げる「未来工業株式会社」の実態とは?

推しが結婚してつらい……そんなときは“推しロス休暇制度”! 常識を覆す「トラストリング株式会社」のおもしろ制度・採用方法をまとめてみた

【休日を充実させたい社会人必見】おすすめの休日過ごし方7選!|有意義に過ごすコツについても解説

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

編集・ライター

NO WORK,NO LIFE. 生きるために働く皆さんの+αとなる記事をお届けします。
あんずの記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR