97 view

新卒・第二新卒・就活 転職・中途

ウェディングプランナーはどんな仕事?仕事内容、なるまでの道のり、やりがいを紹介

\ この記事をシェア /

〝ウェディングプランナー〟は、結婚式をプロデュースし、式全体を仕切りサポートする職業です。

結婚式を開催するうえで重要な、ブライダル業界のなかでも人気があります。

本記事では、ウェディングプランナーの仕事内容や、なるまでの道のりを紹介します。

また、ウェディングプランナーを目指す上で気になるやりがいや大変なことも解説していますので、将来はウェディングプランナーを目指したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください!

1.ウェディングプランナーの詳しい仕事内容

ウェディングプランナーは、結婚式をトータルでプロデュース・プランニングして、準備から当日の管理までをサポートする仕事です。

新郎新婦が理想とする式を開催できるように提案をし、必要なものや人材を手配します。

ウェディングプランナーの業務範囲は会社によって異なりますが、主な仕事の流れは以下の通りです。

①新規の接客

②打ち合わせ 

③結婚式当日のサポート

④後片付け

それぞれ見ていきましょう。

①新規の接客と打ち合わせ 

式場に来た新規顧客のカップルに予算や日程、こだわりたいポイント等をしっかりと聞いたうえでぴったりのプランが叶えられるよう打ち合わせをします。

希望するドレスやゲストの人数、料理のイメージ、BGMなど、細かく決めなければいけないことがたくさんある結婚式。

新郎新婦の目線に立ちながらヒアリングし、理想通りの結婚式の流れを取り決める重要な段階です。

②事前準備

結婚式の前の事前準備では、数か月かけて計画に沿って必要なものを用意、人材の手配、会場の確認を行います。

また、結婚式の前に衣装を着て撮影をする前撮りに立ち会うケースも多いです。

式当日までにすべての準備が滞りなく終わるように、日程から逆算して準備を進めていかなくてはいけません。

③結婚式当日のサポート

結婚式当日のサポートは、新郎新婦やゲストに気を配りながら、プラン通りに式が進むようにスタッフに声掛け等を行います。

挙式・披露宴中は、常に新郎新婦を近くで見守りながら、ドレスの椅子を直したり、起立・着席の際に椅子を引いたり、ドリンクを用意したりなど、常にてきぱき動かなくてはいけません。

また、予期せぬトラブル等が起きてしまった場合、焦らずに迅速な対処を行うのも重要な役割です。

準備を重ねた結婚式が最高の形で終わるように最後まで気を配り、サポートします。

④後片付け等

連日結婚式の予定が入っていることもあるため、早めに作業しなくてはいけないことが多くあります。

片付け作業のあとは、ほかの接客業務や事務作業をその日のうちに行うこともあります。


結婚式を大成功させるためにさまざまな役割を任されるウェディングプランナー。

人生の中でも一大イベントとなる結婚式に関わるというだけあって責任は伴いますが、顧客にとっての最高の思い出になるような式を実現する達成感を得られる仕事です。

2.未経験からでもチャレンジできる?ウェディングプランナーになるまでの道のり

ウェディングプランナーになるためには、大学や専門学校やビジネススクールなどで、専門的な知識を学んでおくのが一番の近道です。

ただ、ウェディングプランナーは、絶対に必要な資格はないため未経験からでも比較的チャレンジしやすい職業です。

専門的な知識は、就職後に身に付けることもできます。

ウェディングプランナーとして重要になるのが、接客力や営業力、コミュニケーション力、ホスピタリティの心、ビジネスマナーの知識などです。

接客業や営業を経験したことがある方や、人を喜ばせることが好きな方は、能力を活かしやすいでしょう。

未経験からウェディングプランナーを目指したい方は、応募条件を未経験OKに絞って求人情報を検索してみてくださいね。

3.ウェディングプランナーのやりがいと大変なこと

ウェディングプランナーの業務内容でやりがいを感じる部分と大変な部分をそれぞれまとめました。

ウェディングプランナーのやりがい

多くの人に幸せと感動を与えるためのサポートができる

・感謝の言葉を直接言ってもらえる

・アイディアを形にすることができる

・クリエイティブな働き方ができる

・実際に結婚式を終えたあとの達成感が多きい

ウェディングプランナーの大変なこと

・結婚式は失敗が許されないため責任重大

・営業成績がプレッシャーになる

・土日祝日の休みが取りづらい

・勤務時間が長い


自分の提案を形にし、多くの人に感動を与えるウェディングプランナーは、大きなやりがいと同時にプレッシャーもある仕事です。また、土日祝日の休みが取りづらいという面もあります。

ウェディングプランナーを目指したい方は、大変なことも念頭に入れておくようにしてくださいね。

4.まとめ

本記事では、ウェディングプランナーの仕事内容についてご紹介しました。

結婚式という一世一代のイベントをより良いものにするために尽力するウェディングプランナーは、大変なことが多い分

多くの人を幸せにして、素敵な思い出づくりをサポートするウェディングプランナーをぜひ目指してくださいね。

\こちらもおすすめ/

【バレーが好きな気持ちを活かしたい方は必見】バレーボールに関わる仕事9選と役立つ資格をご紹介!

【基本をおさらい】ビジネス電話対応のマナーをご紹介!対応の流れやよく使うワードまとめ

日本一のホワイト企業!?年間休暇140日、残業禁止を掲げる「未来工業株式会社」の実態とは?

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あゆりんご

編集・ライター

Webメディアでの情報収集が大好きなZ世代。 働く人も雇う人も、みなさんがなるべくワクワク働くためのお手伝いがしたいです!
あゆりんごの記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR