1,030 view

新卒・第二新卒・就活 転職・中途

日本一のホワイト企業!?年間休暇140日、残業禁止を掲げる「未来工業株式会社」の実態とは?

\ この記事をシェア /

みなさんは、日本一のホワイト企業がどこか知っていますか? ホワイト企業と聞くと、名の知れた大手グループや外資系企業を思い浮かべる人が多いはずです。

しかし、その日本一のホワイト企業は岐阜県にあります。

会社名は「未来工業株式会社」。

ホワイト企業に詳しい人なら聞いたことはあるかもしれません。

未来工業株式会社は2011年に第1回「日本で一番大切にしたい会社」大賞を、2015年に第1回ホワイト企業大賞を受賞しているホワイト企業の代表格です。

さらに業績も良く、2018年には東証一部上場を果たしています。

一体、どのような点がホワイトなのでしょうか?

本記事では、未来工業株式会社の概要や、ホワイトと言われる理由について解説していきます。

未来工業株式会社とは

引用:未来工業株式会社HP
社名未来工業株式会社
所在地〒503-0201 岐阜県安八郡輪之内町楡俣1695-1
設立年1965年
社員数約1,200名(グループ連結)
平均年齢47歳
平均年収645万円
公式HPhttps://www.mirai.co.jp/

未来工業株式会社は、岐阜県安八郡にある電気設備資材・給排水設備およびガス設備資材の製造販売を行う会社です。

社員の平均年齢は47歳と高めなのは、70歳までの選択定年制を採用しており、そのため平均勤続年数が20年以上と長いからです。

平均年収は645万円であり、日本の平均年収である414万円と比較すると241万円高くなっています。

未来工業の何がホワイトなの?

ホワイト企業の代表格として名前が挙がる未来工業ですが、何をもってホワイト企業と言われるのでしょうか?

その理由は次の通りです。

  • ・制服なし
  • ・全員が正社員
  • ・ホウレンソウを強要しない
  • ・残業なし
  • ・年間休日140日
  • ・5年に一度、全額会社負担で海外旅行
  • ・業務改善案などを出すとお金がもらえる

それぞれの内容について解説していきます。

制服なし

未来工業には制服がなく、私服で通勤可能です。以前は制服制度がありましたが、女性社員から「デザインがおしゃれじゃない」という不満が出たため廃止となったそうです。

現在は、制服代として毎年1万円が支給されており、作業着を購入する人もいれば私服で仕事をする人もいます。

社員の意見を積極的に取り入れ、実行していることが伺えます。

全員が正社員

未来工業では、「人材をコスト扱いしたくない」との考えから、社員は全員正社員です。

さらに、定年は70歳までの選択定年制を採用しており、長く勤務する人が多いようです。

ホウレンソウを強要しない

未来工業では、上司から部下への管理は禁止されており、毎月のノルマもありません。

そのため、社員は「自分で考えて行動する」ようになります。

実際は仕事の進捗などを報告していなければ組織として成り立たないので、ある程度のコミュニケーションは取っているはずです。

しかし、自分のペースでのびのびと仕事ができる環境は魅力的です。

残業なし

「睡眠8時間、仕事も8時間以内、残り8時間は好きなことに」を掲げ、残業が原則ゼロである点も魅力です。

社員は、残業をなくすために時間内で仕事を終える方法を考えて働いています。

また、一日の実働時間は7時間15分と少なめでもあります。

年間休日140日

未来工業は残業がないだけでなく、休日も年間140日と多いです。

年間休日が120日以上であればカレンダー通り休日を取ることができるので、未来工業ではさらに20日も多い計算になります。

1日の労働時間も少ないので、十分なライフワークバランスを取れるでしょう。

5年に一度、全額会社負担で海外旅行

未来工業の福利厚生の1つに、全社員を対象とした海外への社員旅行があります。

費用はもちろん全額会社負担で、行き先も社員がすべて企画します。

5年に一度という程よいペースなので、この旅行を長期のモチベーションにして頑張れるかもしれません。

業務改善案などを出すとお金がもらえる

ちょっとした福利厚生ではありますが、業務改善案を出すと500円が支給されます。

これは、社員全員が当事者意識を持って業務に当たるための取り組みです。

内容はどんな小さなものでもOK。

今では、年間5,000件もの提案が提出されています。

まとめ

未来工業は福利厚生が充実しているだけでなく、業界一の利益率を誇ります。

つまり、社員が自分で考えてのびのびと働くことにより、効率良く仕事をして結果を出しているということです。

社員を大切にする社風のため、ライフワークバランスを取りつつ長く働けるでしょう。

気になった方は、ぜひ公式HPを訪れてみてはいかがでしょうか。

\こちらもおすすめ/

【休日を充実させたい社会人必見】おすすめの休日過ごし方7選!|有意義に過ごすコツについても解説

ADHDの人に向いている仕事5選!特性と強みを活かせる仕事を徹底解説

理系学生必見!就職に強い大学5選|強い理由や特徴について解説

\ この記事をシェア /

ライター紹介

九条辰季

フリーライター

「自分らしく生きる」をモットーに、Webマーケティング記事からシナリオまで幅広く執筆する多趣味、雑食系ライターです。 自身の経験をもとに、みなさんが彩りあるキャリアプランを描くお手伝いができればと思います!
九条辰季の記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR