87 view

転職・中途

退職代行サービスはやめておけと言われる理由とは|依頼前の注意点も解説

\ この記事をシェア /

近年よく耳にする 「退職代行サービス」とは、その名の通り、退職の意思がある人に代わって会社に退職を申し出るサービスです。

新卒採用で入社した社員が、入社から間もなくして退職の意思を固めたときに利用されるケースもあります。

利用者が増える一方で、SNSでは『退職代行はやめとけ』との声も目立つのが現状です。

本記事では、退職代行サービスが『やめておけ』と言われる理由に迫ります。

また、サービス内容や依頼方法もご紹介していますので、退職代行サービスが気になっている方は、ぜひ本記事を参考にしてください!

退職代行サービスはやめておけと言われる理由

退職代行サービスにネガティブな意見が多くみられるのは、いくつかの理由が考えられます。

退職代行サービスはやめておけと言われる理由

①サービス利用料が高額だから

②スムーズに退職できない可能性があるから

③悪徳な業者も存在するから

④会社から直接連絡が来る可能性があるから

それぞれ見ていきましょう。

①サービス利用料が高額だから

退職代行サービスの料金は運営元によって異なりますが、1回の利用で、だいたい1万円~10万円ほどかかります。

民間企業で運営している転職代行サービスは比較的安価ですが、サービス内容があまり充実しているとは言えず、おすすめできません。

手厚いサービスを受けたいなら、料金もある程度かかってしまいます。

決して安価ではないことが、退職代行サービスに対してネガティブな意見がささやかれる要因のひとつです。

②スムーズに退職できない可能性があるから

退職代行サービスを使っても、スムーズに退職できるとは限りません。

退職代行サービスを提供している民間企業には、未払いの給料や有給消化について交渉ができません。

そのため、企業側が提示する条件での退職を求められる可能性があります。

民間企業の退職代行サービスを利用し、未払いの給料や有休消化について認識の違いがあった場合は、弁護士に依頼する必要があります。

③悪徳な業者も存在するから

退職代行サービスの中には、悪徳業者も存在します。

悪徳な退職代行サービスを利用してしまったことにより、相談に乗ってくれない、費用を支払ったあとに連絡が取れなくなる、個人情報を横流しする等のトラブルがあったという声もあるのが現状です。

口コミなどを見て慎重に業者を選ばないといけません。

④会社から直接連絡が来る可能性があるから

退職代行サービス担当者は、企業側に『利用者に直接連絡を取らずに退職代行サービスを通して退職の手続きを進めるように』という趣旨のお願いをするケースがほとんどですが、なかには利用者と直接連絡を取ろうとする企業もあります。

本人に退職の意思が本当にあるのか確かめるための連絡だけではなく、嫌味を言われる可能性もなきにしも有らずです。

働いていた企業から直接連絡がきてしまうのであれば、退職代行サービスを利用する必要がなかったと後悔してしまう可能性があります。

退職代行サービスを利用する前の注意点

利用者は増加傾向ですが、ネガティブな意見も見受けられる退職代行サービス。

利用時には、いくつか注意していただきたい点があります。

退職代行サービスを利用する前の注意点

・口コミはしっかりとチェックするようにする

・退職の希望条件等を明確にしておく

・オプションサービス等の値段も確認しておく

それぞれ見ていきましょう。

口コミはしっかりとチェックするようにする

退職代行サービスのなかには、しっかりとした対応をしない悪徳な業者も存在しています。

SNSなどでは、実際にサービスを利用した人の声を見ることができるので、悪徳な業者を選ばないためにもリアルな口コミを参考にするようにしてください。

退職の希望条件等を明確にしておく

退職の希望条件によって、向いているサービス業者は異なります。

例えば、退職金や給与未払いをしっかりと受け取りたいなら弁護士が運営しているサービスを選んだほうが良いでしょう。

自分の状況や勤務先の特性を整理して退職代行サービスを選ぶようにしてくださいね。

オプションサービス等の値段も確認しておく

サービス業者によってはオプションサービスで料金が発生する場合があります。

基本料金が安いと思っても、自分の状況に合わせた対応をしてもらうためにはオプションサービスがかかってしまい、結局他社のほうが安く済むということも起こりえます。

基本料金で受けられるサービスと、オプション料金はしっかり確認しておくようにしてください。

退職代行サービスが向いている人の特徴

退職代行サービスに向いているのは、下記に当てはまる方です。

・自ら退職を申し出ることが難しい方

・会社側に退職を受け入れてもらえられない方

・未払い給与や退職金、有休消化などで問題を抱えている方

いわゆるブラック企業で働いており、会社と直接のやりとりが難しい場合は、退職代行サービスを利用してみることをご検討ください。

プロの介入により、心理的負担を減らし、スムーズに退職できるでしょう。

まとめ

本記事では、退職代行サービスが『やめておけ』と言われる理由に迫りました。

1回のサービス料金は決して安価ではありません。また、業者によっては良質なサービスを受けられない可能性があります。

口コミなども参考にしながら、必要に応じて退職代行サービスを利用するようにしてくださいね!

\こちらもおすすめ/

文章を書く仕事7選をご紹介!身に付けるべきスキルや向いている人の特徴も解説

就活で生成AIを利用しても大丈夫なの?ChatGPTをはじめとする生成AIが就活にもたらす影響について

TikTok (ティックトック) でインターン募集をする企業が増加!参加するメリットや向いている人について解説

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あゆりんご

編集・ライター

Webメディアでの情報収集が大好きなZ世代。 働く人も雇う人も、みなさんがなるべくワクワク働くためのお手伝いがしたいです!
あゆりんごの記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR