82 view

新卒・第二新卒・就活 転職・中途

年収500万円以上稼げる職業・仕事一覧|高卒や20代でも可能?企業例も

\ この記事をシェア /

最低でも年収500万円以上は稼ぎたい。

そう思う方は多いと思います。

しかしながら、年収500万円以上稼げる人は全体の上位30%ほど。

500万円という数字は超高収入とまではいきませんが、これだけ稼いでいれば勝ち組と言えるでしょう。

とはいえ、稼げていない人が過半数を占めています。

上位30%のうちに入りたいですよね。

そんな方のために、今記事では年収500万円以上稼げる職業を紹介していきたいと思います。

男女別に紹介しますので、就活生の方や、給料が安くてお悩みの方は、ぜひ最後までご覧ください!

年収500万円以上稼げる職業<男性>

まずは、年収500万円以上稼げる職業・仕事の男性編を紹介します。

・営業
・コンサルタント
・外資系金融
・ITエンジニア
・システム運用/監視
・カスタマーサクセス
・品質管理/保証
・自動車製造
・施工管理
・塾講師
・配送ドライバー

男性が年収500万円を目指すのなら、営業職や技術職がおすすめです。

営業職・技術職には年収500万円を稼いでいる人が多く、高収入を目指す人におすすめの職種と言えます。

特に営業職は、ほとんど未経験スタートですが、短期間での昇給や成果報酬が狙えます。

数字に追われる職種ではありますが、未経験から営業職に就き、着実に成果を挙げている人は多いです。

また、IT・製造系の技術職は、月収平均が高い企業が多く、一度技術を身に付ければ重宝され、長期間働くことができます。

完全な未経験からの就職は難しいですが、経験が浅くても応募可能な求人はあります。

年収500万円以上稼げる職業<女性>

続いては、年収500万円以上稼げる職業・仕事の女性編を紹介します。

・Webクリエイター
・CADオペレーター
・結婚カウンセラー/アドバイザー
・キャリアアドバイザー
・内勤営業
・広報/マーケティング
・総務時事
・セレモニースタッフ
・事務設備管理アシスタント
・税理士事務スタッフ

女性が年収500万円を目指すのなら、内勤営業をおすすめします。

内勤営業は、顧客のニーズに応える対応力が求められるので、事務系職種より比較的給与が高いです。

営業成績が良ければ昇給や昇進のチャンスもあり、将来的なキャリアアップも見込めます。

仕事内容的にも、すでにニーズのある顧客に営業活動を行うため、外勤営業と比べると未経験者でも成約しやすいので魅力的です。

特に、生命保険や住宅関連の営業職であれば、女性ならではの視点が生かせるので、活躍できるでしょう。

高卒や20代でも年収500万円は可能?

続いては、年収500万円以上は、高卒や20代でも可能なのか見ていきたいと思います。

結論から言うと、高卒や20代でも年収500万円以上は可能です!

年齢が上がると給与もアップするイメージですが、職業によっては、歩合制を採用しており、成果や売上が大きいと若いうちから年収500万円以上稼ぐことも可能です。

また、企業によっては、学歴不問で求人を出しており、高卒や未経験者を歓迎するところもあります。

高卒の人は、社会人のキャリアを通じて、将来的に年収500万円を狙うのが現実的ですが、大卒に比べると4年間も社会人としての経験や業界としての経験を積んでいるので、若いうちからのキャリアアップが見込めます。

特に、学歴よりもスキルを重要視する技術職では重宝されるでしょう。

平均年収が500万円の企業例

最後に平均年収が500万円の企業例を紹介します。

企業名年収
アマナ598万円
ワークスアプリケーションズ596万円
株式会社NSD596万円
アルプス電気595万円
東北新社                  595万円
共同印刷594万円
シーイーシー           591万円
富士ソフト590万円
日本通運589万円
エスケー化研585万円
GMOペイメントゲートウェイ585万円
紀陽銀行583万円
日本精機583万円
日華化学583万円
キューピー              581万円
ドワンゴ581万円
日新製鋼581万円
光通信581万円
大同信号580万円
東洋水産578万円
共栄火災577万円
オリジン電気577万円
ゼンショー(すき家)573万円
東洋紡573万円
古野電気572万円
クレスコ566万円
山崎製パン565万円
しまむら564万円
太平洋工業561万円
エレコム株式会社557万円
伊藤園553万円
nttコミュニケーションズ550万円
トーハン549万円
はごろもフーズ543万円
ゼンリン538万円
ぐるなび527万円
亀田製菓524万円
リゾートトラスト513万円
ダイキョーニシカワ509万円
スターバックスコーヒージャパン508万円
コーセー506万円
スタートトゥデイ(zozotown)505万円
佐川急便500万円
星のリゾート500万円
参考:平均年収.jp

年収500万円以上となるとやはり、名の知れた企業がずらり。

業界はさまざまです。

職種や役職にもよりますが、ぜひ参考にしてみてください!

まとめ

今記事では、年収500万円以上稼げる職業や企業を紹介しました。

いかがでしたか。

高卒や20代でも年収500万円以上稼ぐことは可能です。

また、男女問わず未経験者で目指すなら“営業職”が1番見込みあります。

営業は、歩合制を採用しているところが多く、成績次第では高収入も夢ではありません。

ぜひ、参考にしてみてください!

\こちらもおすすめ/

【稼ぎたい人必見】時給の高いアルバイト7選!仕事内容や探し方についても解説

寝るだけでお金がもらえる!? ちょっと変わった珍しいバイト22選。レア体験で非日常を味わおう

メガベンチャー企業はなぜ人気?勢いがあるメガベンチャー企業の特徴や働くメリットを解説!

\ この記事をシェア /

ライター紹介

りまちゃろ

編集・ライター

一生のうち、半分以上を共にする仕事。 「高収入」「NO残業」「福利厚生の充実」の3つの条件が当てはまる企業探しのお手伝いをします。
りまちゃろの記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR