67 view

新卒・第二新卒・就活

プロゲーマーは稼げる? 年収や主な収入源について徹底解説

\ この記事をシェア /

近年、eスポーツの世界的な普及により、プロゲーマーという職業が注目を集めています。

特に、eスポーツは若者からの人気が高く、2021年にはなりたい職業ランキングにもランクインするほどです。

一方、プロゲーマーは練習時間が長く、給与も低いことから「甘くない」という声も聞かれます。

そこで本記事では、実際にプロゲーマーはどれくらい稼げるのか、収入源や実態について解説します。

プロゲーマーになるには?

プロゲーマーになるには、公式大会で結果を残したり、配信(ストリーミング)でプロチームの目に留まると、声がかけられることがあります。また、プロゲーマー養成のための専門学校に通うのも1つの方法です。

いずれにせよ、「プロ」と呼ばれるのにはゲームへの理解度やプレイスキルなど、相当の実力が必要です。

一方、プロゲーマーになるために必要な資格はなく、年齢問わず誰でもなれるという魅力もあります。

プロゲーマーの年収

プロゲーマーの平均年収は推定400万円前後と言われています。

ただし、年収は幅広く、数千万円~数億円を稼ぐ人もいれば、100万円以下しか稼げない人もいます。

勝てなければ賞金が獲得できず、スポンサーも増えないため、なかなか収入は上がりません。

常に高い実力と結果が求められる世界なので、プロゲーマーだけで生計を立てるのは難易度が高いでしょう。

トッププロの年収

プロゲーマーは実力の世界ですが、トッププロともなると年収数千万~数億円稼げる夢のある職業です。

実際に日本のトッププロ、海外のトッププロの収入を見てみましょう。

主な日本人プロゲーマー

主な日本人プロゲーマーの獲得賞金は次の通りです。

選手名獲得賞金額主なゲームタイトル
かきP約1,228,551ドルシャドウバース
ふぇぐ約1,003,000ドルシャドウバース
むぎ約599,418ドルクラッシュ・ロワイヤル
ときど約598,517ドルストリートファイター
ガチくん約554,361ドルストリートファイター
参照 : esportsearnings

現在、獲得賞金ランキングはかきPが日本人トップで、1ドル150円換算では、1億8428万円稼いだことになります。

また、ゲームタイトルで上位を見ると、日本ではシャドウバースやハースストーンなどのカードゲーム、ストリートファイターなどの格闘ゲームで賞金を獲得した人が多いようです。

主な海外プロゲーマーの獲得賞金

海外プロゲーマーの獲得賞金ランキングは、次の通りです。

選手名獲得賞金額主なゲームタイトル
N0tail約7,184,163ドルMOBA(マルチオンライン・バトルアリーナ)
dupreeh約2,187,664ドルカウンターストライク
Bugha約3,645,171ドルフォートナイト
フォートナイト約1,570,297ドルストリートファイター
Cellium約1,329,548ドルコールオブデューティー
参照 : esportsearnings

世界的に見ると、賞金の多いゲームはドータのような格闘ゲームやフォートナイトやカウンターストライクなどのFPSなどが多いようです。

FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)とは、1人称視点でキャラクターを操作し、武器や素手で戦うゲームのことを指します。

なぜ日本人プロゲーマーは収入が低い?

日本人プロゲーマーの年収は海外選手に比べて低いと言われますが、その理由はプレイするゲームタイトルにあります。

以下は、主なゲームタイトルを獲得賞金の多い順に並べたものです。

●ドータ2
●フォートナイト
●カウンターストライク
●リーグ・オブ・レジェンド
●アリーナ・オブ・ヴァラー
●PUBGモバイル
●プレイヤーアンノウンの戦場
●レインボーシックスシージ
●スタークラフト II
●ロケットリーグ

あまり聞いたことのないタイトルも多いのではないでしょうか?

日本では格闘ゲームのプロが多いのですが、格闘ゲームはあまり賞金が高くありません。そのため、獲得賞金が海外に比べて低くなっています。

また、日本では法的な問題で多額の賞金を設定した大会が開かれません。

こうした市場や人気の問題で、日本のプロゲーマーの年収は低めになっています。

プロゲーマーの主な収入

プロゲーマーの収入は、大会で獲得する賞金だけではありません。ここからは、プロゲーマーの主な収入について解説します。

大会での賞金

プロゲーマーとして高収入を得るなら、大会での獲得賞金は重要になります。小さな大会でも数万~数十万円、世界大会で優勝すると数千万~数億円の賞金が獲得できます。

例えば、ドータ2の世界大会は高額賞金が出ることでも有名で、2021年大会では18,208,300ドル(約20億円)の賞金が出ました。

また、大会で優勝すると名前も売れ、多くのスポンサーが付くことから、スポンサー収入にも期待できるでしょう。

チームからの給与

大会賞金とは別に、所属チームからの給与もあります。

eスポーツが盛んになってきた現在では安定したチーム運営ができるようになり、所属選手も安定した給与を得られるようになりました。

ただし、実力がなければ契約打ち切りなど、シビアな世界でもあります。

スポンサーからの支援

プロゲーマーはユニフォームに企業のロゴを入れるなどして、スポンサー収入を得ています。

所属チームのスポンサーだけでなく、個人でスポンサーが付く場合もあります。

活躍次第では、高額なスポンサー収入も期待できるでしょう。

Youtubeやテレビ出演などの副収入

eスポーツ選手は不安定な職業でもあるため、YoutubeやTwichによる配信活動、テレビ出演などによる副収入を得ている人もいます。

人気のプロゲーマーともなれば、配信だけで生計を立てることも可能です。ただし、配信は素人からプロまで多数の競合がおり、ゲームの腕だけでなく企画力やトーク力なども重要になります。

まとめ

プロゲーマーとして稼ぐのは相応の実力が必要ですが、eスポーツ市場の拡大により、次第に良い環境が整ってきています。

ゲームが好きで、プロとして生計を立てたい人は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

\こちらもおすすめ/

【法人向け】You Tubeの企業アカウントは必要?メリット・デメリットや活用・作成方法などを紹介!

「プリキュアになりたい」は叶う?1番近い職業をビジュアル編、マインド編に分けて紹介!話題のオトナプリキュアも参考

【野球好き必見】野球に関わる仕事ってどんなものがある?職業20選を紹介!

\ この記事をシェア /

ライター紹介

九条辰季

フリーライター

「自分らしく生きる」をモットーに、Webマーケティング記事からシナリオまで幅広く執筆する多趣味、雑食系ライターです。 自身の経験をもとに、みなさんが彩りあるキャリアプランを描くお手伝いができればと思います!
九条辰季の記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR