93 view

新卒・第二新卒・就活 転職・中途

スポーツトレーナーってどんな仕事?なり方や必要な資格、やりがいについて解説

\ この記事をシェア /

スポーツトレーナーは運動に関する知識を有し、スポーツ選手を支える仕事です。

本記事では社会人になってもスポーツと関わっていたい、アスリートのサポートがしたいという人に向けて、スポーツトレーナーのなり方や必要な資格を詳しく解説していきます。

また、やりがいやプロチームに所属する条件についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

スポーツトレーナーってどんな仕事?

スポーツトレーナーはスポーツ選手の肉体的・精神的なケアをおこなう仕事です。

日頃のトレーニングの指導や補佐、ケガの予防や応急処置、リハビリ、メンタルケアといったケアだけでなく、選手の休養スケジュール管理などもおこないます。

スポーツ選手にとっては試合で最大限のパフォーマンスを発揮するためになくてはならない存在であり、縁の下の力持ちです。

スポーツトレーナーには細かく分けて以下のようなものがあります。

コンディショニングトレーナー(フィジカルトレーナー)筋力、瞬発力、持久力などを強化するためのプログラム作成、補助
アスレティックトレーナー試合中・練習中の応急処置、怪我の予防
メディカルトレーナー怪我や病気からの復帰のサポート
フィットネストレーナー一般の人を相手に、運動機能向上や健康的な体づくりのサポートをおこなう

スポーツトレーナーに必要な資格・スキル

スポーツトレーナーになるために必須の資格はありませんが、肉体やメンタル、トレーニング方法などさまざまな知識が必要です。

資格や実績があるほど需要は高く、市場価値を上げられるでしょう。

以下では、スポーツトレーナーになるために有利な資格・スキルについて解説します。

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(通称AT)

公益財団法人 日本スポーツ協会が認定する民間資格で、アスリートの健康管理や傷害予防、救急処置、リハビリに関する知識・スキルを求められます。

資格取得には共通科目150時間、専門科目600時間の受講が必要で、合格率は30%前後と低くなっています。

認定アスレチック・トレーナー

認定アスレチック・トレーナー(JATAC-ATC)は、特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会が認定する資格です。

この資格は、科学的根拠に基づく運動プログラムの指導をする専門家である証明になります。

資格取得には要件を満たして決まったカリキュラムを受ける必要があります。

詳しくは、協会の公式HPをチェックしてみてください。

柔道整復師

柔道整復師は骨折や脱臼、捻挫などの関節に関する外傷の回復措置をおこなうための国家資格です。

柔道整復師になるためには国が指定した養成施設に入学してカリキュラムをこなした後、年1回実施される試験に合格する必要があります。

理学療法士

理学療法士は怪我や病気などで体が不自由になった人たちの身体機能の回復をおこなう国家資格です。

スポーツトレーナーにおいてはおもにリハビリの場面で役立つ資格になります。

資格取得のためには国の指定した養成施設で学び、年1回の試験に合格する必要があります。

スポーツトレーナーのやりがい

スポーツトレーナーは選手の練習に帯同したり、長いリハビリをサポートしたりと大変な面もありますが、一般的な仕事ではなかなか得られないやりがいもあります。

ここからは、スポーツトレーナーのやりがいについて紹介します。

サポートした選手が活躍するのを間近で見られる

スポーツトレーナーの大きなやりがいは、自分のサポートした選手が活躍することです。

選手が結果を残して賞賛を浴びるのを自分のことのように喜べるのは、日頃の献身的なサポートがあるからでしょう。

チーム一丸となって結果を目指せる

所属するチームは選手だけで成り立っているのではありません。

監督やコーチ、スタッフ、スポーツトレーナーも含めて全員がチームです。

そんなチームが結果を出せた時の喜びはひとしおでしょう。

アスリートの精神的な支えになれる

スポーツトレーナーはアスリートの肉体的な面だけでなくメンタル面もサポートします。

スポーツトレーナーはアスリートにとって最大限のパフォーマンスをするためになくてはならない存在です。

精神的な支えになれている、必要とされているという事実はやりがいにもつながります。

スポーツトレーナーとしてプロチームに所属するためには?

スポーツトレーナーの中にはプロチームに所属して活躍する人もいます。

プロチームに所属するためには、おもに次のような手段が一般的です。

  • ・引き抜き
  • ・売り込み
  • ・紹介
  • ・エージェント利用

チームによって採用方法はさまざまなので、気になるチームの情報は徹底的に調べておくのが良いでしょう。

まとめ

スポーツトレーナーは必要なスキルが多くなるのは大変ですが、やりがいのある仕事です。

興味のある人は、本記事を参考になるまでのプロセスや必要な資格を確認して目指してみてください。

\こちらもおすすめ/

今アツい! 稼げる仕事ランキングTop20|未経験で稼げる職業も紹介

【毎年の悩みを解決!】クールビズにおすすめの服装や便利アイテムを紹介

プロゲーマーは稼げる? 年収や主な収入源について徹底解説

\ この記事をシェア /

ライター紹介

九条辰季

フリーライター

「自分らしく生きる」をモットーに、Webマーケティング記事からシナリオまで幅広く執筆する多趣味、雑食系ライターです。 自身の経験をもとに、みなさんが彩りあるキャリアプランを描くお手伝いができればと思います!
九条辰季の記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR