95 view

転職・中途

転職活動ってどう進めるの?事前準備やスケジュールの流れを紹介!

\ この記事をシェア /

“今の職場を辞めて転職したい”

“新しい環境で働きたい”

そう思っても一体何をどうしたらいいのか分からないという方は多いと思います。

ということで、今記事では大まかな転職活動の流れを紹介していきたいと思います。

転職をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください!

転職活動の一般的な流れ・スケジュール

在職中に転職活動を行う場合は、仕事と転職活動の両立が難しくなります。

かといって、離職してからの転職活動は離職期間の長さがデメリットとなる可能性があります。

どちらのパターンにしても転職活動をするには、あらかじめスケジュールを立てて効率よく行うことが重要です。

企業への応募から内定を得るまでの期間は人によって異なりますが、大体3ヶ月くらいと考えておきましょう。

転職活動が長引くと、モチベーション低下やスケジュール管理に疲弊することにつながります。

もちろん焦って、適当に決めてしまうのも良くありません。

転職活動の大まかなスケジュールの流れは、以下を参考にしてください。

やること必要な期間
事前準備(情報収集~自己分析まで)1週間
書類作成・応募1週間
面接1ヶ月~1ヶ月半
内定・退職1ヶ月

人によっては色々な企業に応募するため、面接期間が伸びたり、内定までの時間がかかったりします。

あとは仕事の引き継ぎに時間がかかって、在職中の会社をすぐにやめられないこともあります。

そういったことを踏まえると、転職活動を始めてから長くても6ヶ月くらいまでに終わらせられたらいいなと思っておきましょう。

スケジュールの詳しい内容

続いては、先程紹介したスケジュールの流れの詳しい内容を紹介していきたいと思います。

●事前準備(情報収集~自己分析まで)

●書類作成・応募

●面接

●内定・退職

1つずつ見ていきましょう!

事前準備(情報収集~自己分析まで)

転職しようかなと思ったら、応募をするかどうかにかかわらず、事前準備だけでも始めてみましょう。

準備さえしておけば、いざ本当に転職しようと決めたときにスムーズに進められます。

転職活動においての事前準備とは「情報収集」や「自己分析」のことを言います。

これまでの経験を活かして同じ業界に転職する場合はまだ知識がありますが、心機一転して未経験の仕事に挑戦したい場合や、異業種への転職を検討している場合は、まずリサーチすることが大切です。

情報収集していくうちに自分のしたいことが明確になり、面接での志望動機にも活かせます。

自己分析に関しては、前の職場からなぜ転職したいと思ったか、自分にはどのような職があっているかを知るために行います。

自己分析する方法は、単に自分と向き合って考えてみたり、適職診断などの自己分析ツールを使ってみたりと色々あります。

何も考えずに転職すると、長く続かない可能性があるので、情報収集と自己分析にはたっぷりと時間をかけましょう!

書類作成・応募

転職が初めての場合につまずきやすいのは、応募書類の作成です。

特に、職務経歴書は、書き方によって選考に影響が出やすくなっています。

面接が重要に思われがちですが、応募書類も意外と重要なのです。

書くときはいきなり記入するのではなく、あらかじめ書くことをまとめてからゆっくり丁寧に書きましょう。

下書き用に何枚か多めに、用意するのがおすすめです。

職務経歴書を書くときは、嘘偽りなく、経験が魅力的に映るように書きましょう。

応募書類が準備できたら、さっそく応募してください。

希望の職種や、勤務地、業種などの条件から求人を探してみましょう。

面接

応募した求人の中から、折返しがあった企業に面接をしてもらいます。

返事がない企業も、もちろんありますので、返信が来なくても粘り強く色んなところに求人応募しましょう。

転職の場合、「志望動機」や「退職理由」については、必ずといっていいほど聞かれるので、あらかじめスムーズに答えられるように回答の準備をしてください。

また、回答についてだけではなく、身だしなみにも気をつけましょう。

“清潔感”を意識して、服装、頭髪、爪などを整えることをおすすめします。

内定・退職

企業から内定連絡がきたら、労働条件をしっかりと確認してから入社承諾の返事をしましょう。

内定が決まったら、仕事をしながら転職活動をしていた方は、退職手続きをします。

退職するときに、引き継ぎが上手くいかず長引いてしまったり、上司から強く引き止められたりしてしまうかもしれません。

そういったことが起こらないように、強い意志を持って、事前に言っておくと良いでしょう。

また、退職手続きにはいくつかの書類が必要です。

書類不足が発生しないように、確認しておきましょう。

まとめ

今記事では、転職活動のスケジュールと内容について紹介しました。

転職活動には3~6ヶ月ほどかかると思っておいてください。

焦ったり、だらだら進めたりするのはおすすめできません。

転職活動は面倒くさいと思ってしまい、後回しにしがちですが、本当に今働いている会社を辞めたいと思ったら、情報収集と自己分析だけでも初めてみましょう。

自分のしたいことや目指している道などが見えてきて、転職へのモチベーションも上がります。

ぜひ参考にしてみてください!

\こちらもおすすめ/

職務経歴書の書き方がわからない|僧侶から初めて民間企業に転職できた体験談をもとに紹介

SNSを就職活動にうまく活用するにはどうしたら良い?SNSを就活に使う際の注意点や企業側が行うSNS採用について

フリーターから正社員になりたい方必見!抑えるべき就職するための4つのポイントを紹介

\ この記事をシェア /

ライター紹介

きむら

編集・ライター

一生のうち、半分以上を共にする仕事。 「高収入」「NO残業」「福利厚生の充実」の3つの条件が当てはまる企業探しのお手伝いをします。
きむらの記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR