132 view

転職・中途

【仕事辞めたい】転職3ヶ月の壁って?ぶつかる3つの原因と乗り越えるためのポイントを伝授

\ この記事をシェア /

転職してから約3ヶ月。

〝辞めたい〟と思ってくる頃ですよね。

しかし、それで「私は社不だ・・・」なんて気を病めないでください。

なぜなら転職してから3ヶ月は何らかの理由で仕事を辞めたくなってしまう方が多いからです。

そのような現象を「転職3ヶ月の壁」と呼びます。

今記事では、この「転職3ヶ月の壁」について詳しく説明していきたいと思います。

転職して、仕事を辞めたいとお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

「転職3ヶ月の壁」って何?

「転職3ヶ月の壁」とは、転職してから3ヶ月ほどで退職したいと悩んでしまう現象のことです。

転職してからすぐではなく、なぜ3ヶ月頃に多く見られるのかというと、転職して1~2ヶ月は、新しい環境の変化に馴染むよう努力したり、仕事を覚えるのに必死だったりして、あっという間に過ぎてしまうからです。

そのため、転職1~2ヶ月目頃に「もう辞めたい」と感じる人は意外にも少ないようです。

一方で3ヶ月目に入ると、少し冷静になり、周りを見回せるようになります。

その中で、自分にはこの仕事が向いていないと感じたり、人間関係に馴染めなかったりと何らかのストレスに悩み退職を検討し始めるようになります。

自己嫌悪になってしまう方も多いでしょう。

ですが、これは「転職3ヶ月の壁」という言葉があるほど、多くの人が通る道です。

自分だけではないということを覚えておいてください。

転職3ヶ月の壁にぶつかる3つの原因

続いては、転職3ヶ月の壁を感じる3つの原因を見ていきましょう。

自分がどのような理由で転職3ヶ月の壁に直面しているのか、探ってみてください。

●人間関係や社風など環境に馴染めていない
●全体の業務内容が理解できていない
●就職前に期待していたメリットを感じられていない

それぞれ1つずつ確認していきましょう。

●人間関係や社風など環境に馴染めていない

1つ目の原因は、環境に馴染めていないことです。

新しい職場の環境に馴染むことは、なかなか大変なことですよね。

社風もそうですし、人間関係や仕事の進め方など前職と異なる部分が多いと、戸惑ってしまいます。

慣れるまでに数ヶ月かかることは全然珍しくありません。

むしろすぐに慣れろというほうが難しいです。

それまではどうしても一つ一つの物事に対し、ストレスを感じてしまいます。

時間や慣れが解決してくれる場合もあるため、自分なりにリフレッシュしながら少しずつ環境に馴染んでいきましょう。

●全体の業務内容が理解できていない

2つ目の原因は、全体の業務内容がまだ理解しきれていないことです。

入社して3ヶ月目というタイミングは、全体の業務内容や自分の仕事の全容がまだ把握できていない頃です。

そのため自分のしていることがよく分からず、ただ疲弊してしまうこともあるでしょう。

これを解決するには、日々仕事に取り組む中で1つずつ着実に理解深めていく必要があります。

そうなると日々の業務も楽になり、心身共に余裕ができたり、楽しさを発見できる機会も得られたりするはずです。

●就職前に期待していたメリットを得られていない

3つ目の原因は、転職前に得られるであろうと想定したメリットを享受できていないことです。

転職を決め、求人を探す際、目標や譲れない希望の条件など、人によって転職の軸にしていたものがあると思います。

例えば、年収、スキルアップ、人間関係など。

それらを叶えられると思い今の転職先企業を選んだものの「思っていたようなメリットが得られていない」と感じてしまうとやる気がなくなってしまいますよね。

しかし、それらのメリットは、入社後数ヶ月ではなかなか実感できないものです。

企業に貢献することで、本来得たいと思っていたメリットを少しずつ享受できるようになるでしょう。

「転職3ヶ月の壁」を乗り越えるためのポイント

転職3ヶ月の壁を感じる3つの原因を確認したところで、続いては、乗り越えるためのポイントを見ていきましょう。

必ずしも〝乗り越えろ〟とは言いませんが、やってみるべきことはあります。

転職活動をし直す前に、以下の3つを試してみてください。

◎みんなぶつかる壁だと受け入れる
◎社内に相談できる先輩や同僚を作る
◎プライベートを充実させる

それぞれ1つずつ確認していきましょう。

◎みんなぶつかる壁だと受け入れる

1つ目のポイントは、みんなぶつかる壁だと受け入れることです。

「自分だけがこんなに辛い思いをしている」「自分は社会不適合者だ」などと落ち込むのではなく、「みんな同じことで悩んでいるはずだ」と理解することで、少し前向きになれるかもしれません。

また自分に期待をしすぎず、最初はうまくいくはずないと考えることも大切です。

そうすると、心も軽くなるでしょう。

◎社内に相談できる先輩や同僚を作る

2つ目のポイントは、社内に相談できる相手を作ることです。

転職3ヶ月の壁の大きな原因として、人間関係が挙げられます。

馴染めないと決めつけるのではなく、自分から積極的にコミュニケーションを取ることを意識してみましょう。

そうすることで、新しい職場の方との関係が広がり、将来的に仕事の話を相談できるようになったり、気の合う方を見つけられたりするでしょう。

◎プライベートを充実させる

3つ目のポイントは、プライベートを充実させることです。

直接的な解決方法ではないかもしれませんが、心が休まる場所や方法があることで、つらい時期を乗り越えられる可能性があります。

例えば、「休日友人と遊ぶために頑張る」や「帰ってゲームをする時間を確保するために早めに業務をこなそう」など頑張る理由やモチベーションがあることで、気づいたら仕事に慣れているなんてこともあります。

転職3ヶ月の壁の多くはずっと続くわけではなく、時間が解決してくれる見込みが十分にあります。

そのなかで、仕事以外の時間をどう充実させるかが鍵となります。

思い詰めて、寝てばかりの時間を過ごしたり、考えすぎたりすることを避けるためにモチベーションや安らぎを見つけてみてください。

まとめ

今記事では、「転職3ヶ月の壁」について詳しく説明しました。

皆さんの役に立ちましたでしょうか。

転職して3ヶ月は、多くの人が悩む時期です。

自分だけだと落ち込まず、今回ご紹介した乗り越えられるためのポイントを試してみてください。

もう少し頑張ってみて、それでもダメだと感じた場合は、再転職を考えても良いかもしれません。

\こちらもおすすめ/

未経験からの転職も夢じゃない!おすすめホワイト業界4選をご紹介

入社初日は何をするの?複数の転職を経験した筆者の体験を踏まえて解説

転職エージェントを選ぶ際の注意点とは?筆者の体験談をもとに解説します

\ この記事をシェア /

ライター紹介

きむら

編集・ライター

一生のうち、半分以上を共にする仕事。 「高収入」「NO残業」「福利厚生の充実」の3つの条件が当てはまる企業探しのお手伝いをします。
きむらの記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR