117 view

新卒・第二新卒・就活 転職・中途

【推しとお仕事】芸能人と一緒に働くには?業界ごとの職種とその魅力を紹介!

\ この記事をシェア /

“推し”がいる方は、一度は芸能界に興味を持ったことがあるのではないでしょうか。

自分も芸能人だったら推しと繋がれたかもしれないのに・・・。

しかし、諦めるのはまだ早いです。

自分は芸能人じゃなくても、芸能人と関わる仕事に就けば推しと一緒に働けます!

とはいえ、どんな仕事があるのかよく分かりませんよね。

今記事では、推しと一緒に働きたいアナタのために、芸能人と関わるお仕事を紹介していきたいと思います。

業界ごとに分けて紹介しますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください!

芸能プロダクション業界

1番関われる可能性が高い業界は、芸能プロダクションです。

これは想像しやすいですよね。

所属タレントの活動を全般的にサポートするため、芸能人と一緒に過ごす時間が多くなっています。

そのため、好きな芸能人が所属する芸能プロダクションで働く必要があります。

ただし、芸能人と密に関係する芸能プロダクション業界は、狭き門です。

その分入ることができたら、推しと関われる可能性が大きいと言えるでしょう。

<職種>
・芸能マネージャー
・ファンクラブ運営
・グッズ企画・販売
・イベント、コンサートなどの制作
など

テレビ番組業界

テレビ局や番組制作会社などのテレビ業界で働く場合も、芸能人と関わる機会が多くあります。

テレビ局では、芸能人が出演するテレビ番組を収録するときはもちろん、打ち合わせなどで対面する機会もあります。

また、テレビ局から依頼を受ける番組制作会社も芸能人と関われる可能性があります。

この業界の良いところは、関われるだけなく、共に番組を作り上げる同業者として関わりを持つことができるという点です。

大変なイメージはありますが、その分やりがいを感じられる業界となっています。

ただし、推しと確実に仕事ができるかは分かりません。

自分が担当する番組に推しが出演しないと会えませんからね。

とはいえ、テレビに出ている芸能人が推しの場合は、可能性があるのは間違いないと思います。

<職種>
・プロデューサー
・ディレクター
・アシスタントディレクター
・技術
など

広告業界

広告業界も芸能人に会える可能性があります。

商品やサービスを売り出すためにイメージキャラクターとして、芸能人を起用することは珍しくありません。

ただし、芸能人との繋がりを持てる可能性があるのは、大手や中堅の比較的規模の大きな広告代理店のみです。

広告の撮影や打ち合わせの際には、芸能人と実際に会う機会もあるでしょう。

しかし、こちらも自分の推しと仕事ができるとは言えません。

昇進し、どの芸能人を起用するか決めることができる立場になればもちろん可能性は高くなります。

今をときめく芸能人が幅広く好きな方は、広告起用される可能性が高いので、おすすめしたい業界です。

<職種>
・プロデューサー
・プランナー
・ディレクター
・デザイナー
・コピーライター
など

音楽業界

音楽アーティストが好きな方は、音楽業界もおすすめです。

効果音やBGMを作ったりする人やレコード会社に所属し、メディアプロモーションを行ったりする人などさまざまな職種があります。

専門知識を必要とすることもあるため、なかなか足を踏み入れづらい業界ではありますが、アーティストをはじめ、音楽が好きな人にとっては神職でしょう。

推しのレコーディングに立ち会うことも夢ではありません。

<職種>
・サウンドクリエイター
・A&R
・宣伝(プロモーター)
・レコーディングエンジニア
など

映画業界

映画業界も芸能人と密になっている業界です。

どの作品も俳優や女優を起用しています。

推しが俳優業もしているのなら映画業界も大アリです。

映画を買いつける仕事をしたり、PR活動を行ったりと、作品に携わることができます。

こちらも自分の推しの作品に携われるかは分かりませんが、多くの作品に出ている俳優であればいつかは会えるかもという希望を持てます。

それだけでもモチベーションが違いますよね。

<職種>
・買い付け
・ブッキング
・宣伝
など

イベント業界

イベント業界も幅広い芸能人と関われる仕事です。

イベントの企画・制作・運営を行うので、当然イベントに出演する芸能人と会うことができます。

アイデア力やコミュニケーション能力があると活躍しやすい業界なので、社内でポチポチパソコン業務をしたい人には向いていません。

推しのイベントに参加する側だったのに、運営する側になるというエモさを体験したい方にもおすすめです。

<職種>
・営業
・制作
・企画
・運営
など

美容業界

美容業界も芸能人と関わる方法があります。

それは、芸能人専属のヘアメイクやスタイリストになることです。

芸能人を自分の手でより輝かせるお手伝いができるなんてまさに夢のようですよね。

しかし、一般人にするのと訳が違うので、相当技術が必要です。

また、自分の推しが担当になるかは分からないですし、腕次第となります。

もともと美容系に興味のある方は、目標をそこにするのも良いかもしれません。

<職種>
・ヘアメイク
・スタイリスト
など

まとめ

芸能人と一緒に働ける業界・職種はいかがでしたか?

どの業界も狭き門で、競争率が高いです。

また、毎日同じような仕事を繰り返す訳ではないような仕事が多いので、フットワークが軽かったり、コミュニケーション能力が高かったりというのは重要になってきます。

また、どんな職業でも働くことは大変ですが、特に芸能人と関わる業界は、忙しく、精神的にもきつくなります。

そのため、芸能人と関わる仕事を目指すのならまずは、自分に向いているかどうかを判断しましょう。

ぜひ“推しとお仕事”を目指してみてください!

\こちらもおすすめ/

【転職】スポーツ関連の仕事探しにおすすめの求人サイト5選|特徴や使い方を紹介

文章を書く仕事7選をご紹介!身に付けるべきスキルや向いている人の特徴も解説

【お洒落して働きたい女性必見】ネイルOKな仕事の特徴は?ネイルができるおすすめ職業11選

\ この記事をシェア /

ライター紹介

きむら

編集・ライター

一生のうち、半分以上を共にする仕事。 「高収入」「NO残業」「福利厚生の充実」の3つの条件が当てはまる企業探しのお手伝いをします。
きむらの記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR