127 view

アルバイト・パート

単発バイトのメリットは?注意点やおすすめの業種についても解説

\ この記事をシェア /

単発バイトは1日~1週間程度の短い期間で働くアルバイトのことです。

単発バイトはスキマ時間を利用して働けるうえ、給与の支払いが早いので、利用する人も多い働き方です。

本記事では、単発バイトのメリットやおすすめの業種について解説するので、単発バイトで稼ぎたい人はぜひ参考にしてください。

単発バイトのメリット

単発バイトには、主に以下のようなメリットがあります。

  • ・人間関係が楽
  • ・さまざまな仕事を経験できる
  • ・好きな時間に稼げる

それぞれ詳しく解説します。

人間関係が楽

単発バイトは短ければその日限り数時間の人間関係です。

単純作業が多く会話も多くないので、人間関係が苦手な人でも気軽に働けます。

なかには嫌な人がいることもあるかもしれませんが、「もう二度と合う人ではない」と割り切ってしまえば大丈夫です。

逆に、人間関係や仕事内容が気に入れば、再度応募すれば良いだけという気楽さがあります。

さまざまな仕事を経験できる

単発バイトさまざまな仕事を経験したいという人にもおすすめです。

1日の業務は簡単なものが多いですが、さまざまな業界の単発バイトをすることで、業界の雰囲気や仕事内容を知ることができます。

大学生なら、就活の際に志望企業を決める際にも役立つでしょう。

好きな時間に稼げる

単発バイトは好きな時間を選んで働くことができます。

平日のスキマ時間に稼いだり、本業のない土日に稼いだりと、スタイルは人それぞれです。

働き方はおおまかに日勤、夜勤と分かれますが、その中でも4~5時間の短いものから10時間を超えるものまであります。

さらに、給与の入金も早く、比較的高時給なものもあるので、すぐにお金が欲しい人にも向いています。

単発バイトの注意点はある?

単発バイトは仕事内容も簡単ですぐ稼げるメリットがありますが、注意点もあります。

  • ・人気の職種は埋まりやすい
  • ・スキルが身に付きにくい

単発バイトでたくさん稼ぎたいと考えている人は、しっかりチェックしておきましょう。

人気の職種は埋まりやすい

単発バイトの中でも、簡単な作業・高単価などの求人はすぐに埋まってしまいます。

また、毎日募集があるわけではなく、特定の時期だけの募集であったり、突然案件がなくなったりといったケースも珍しくありません。

せっかく働こうと空けていた日に仕事がないと、1日暇を持て余してしまうことになります。

スキルが身に付きにくい

単発バイトはさまざまな経験ができる一方、その日働く人でもできるような簡単な作業が多いです。

そのため、長期バイトのように重要な仕事を任されることがなく、スキルが身に付きにくいデメリットがあります。

特に、大学生は就活のガクチカでアルバイト経験のエピソードを語る人が多いですが、単発バイトはガクチカにつなげにくい可能性があります。

おすすめの単発バイト5選

ここからは、おすすめの単発バイトを5つ紹介します。

  • ・仕分け作業
  • ・試験監督
  • ・イベントスタッフ
  • ・データ入力
  • ・ホールスタッフ

上記の職種は求人数も多く、初心者でも応募しやすいものです。単発バイトで稼ぎたい人は、ぜひチェックしておきましょう。

仕分け作業

仕分け作業は、主に工場や倉庫で商品の仕分けや梱包、ピッキングといった単純な作業をおこないます。

求人では「軽作業」と表記されることから、軽い荷物を扱う仕事だと思われがちですが、なかには重い荷物を扱うこともあるので注意しましょう。

試験監督

試験監督は試験会場の準備や説明、試験中の巡回、問題用紙の配布や回収など、試験に関するさまざまな業務をおこないます。

試験監督は試験実施日にしか募集がないため件数は少ないですが、体力をさほど使わなくても良いため、人気の単発バイトです。

ベントスタッフ

イベントスタッフは、コンサートやスポーツ大会といったイベント会場で働く単発バイトです。

内容は、イベントの設営・撤去やイベント中の警備、グッズの販売をおこないます。

イベント設営・撤去は重い機材もあるため体力の必要とされる仕事ですが、時給が良いので1日でたくさん稼ぎたい人に向いています。

データ入力

データ入力は、さまざまなデータをパソコンに入力していくバイトです。

作業内容は簡単ですが、基礎的なPC知識やタイピングスピードが求められます。

データ入力は在宅でできるものも増えており、ちょっとしたスキマ時間に稼ぎたい人にも向いています。

ホールスタッフ

ホールスタッフは、主にレストランのホールや、ホテルのパーティー会場・結婚式場の披露宴などで、配膳や給仕を担当します。

また、お客様の案内や注文取り、後片付けなども担当業務です。

ホールスタッフはイベントや結婚式の多いシーズンに募集が増加する傾向にあります。

ホールスタッフは丁寧な接客が求められるため、コミュニケーションスキルの向上に役立ちます。

まとめ

単発バイトは簡単な作業が多く給与の支払いも早いため、誰でも簡単に働きやすい特徴があります。

ただし、収入が安定しなかったり、スキルが身に付きにくかったりといった側面もあるので、単発バイトだけでなく固定の仕事も持っておくと安心です。

\こちらもおすすめ/

新社会人が準備すべきものは?おすすめのアイテム、費用について解説

ブラック企業の特徴って何がある?見分け方のポイントについて解説

日本一のホワイト企業!?年間休暇140日、残業禁止を掲げる「未来工業株式会社」の実態とは?

\ この記事をシェア /

ライター紹介

九条辰季

フリーライター

「自分らしく生きる」をモットーに、Webマーケティング記事からシナリオまで幅広く執筆する多趣味、雑食系ライターです。 自身の経験をもとに、みなさんが彩りあるキャリアプランを描くお手伝いができればと思います!
九条辰季の記事を見る

人気記事

タグから探す

PR

姉妹メディア

取材のご依頼や当サイトに関する
お問い合わせはこちら

PR